ABOUT PRODUCTS
商品の基礎知識・注意事項

ファスナー全般

ファスナーの上手な縫い方

縫い付けの間隔

ファスナーを開閉するためには、スライダーの通る幅が必要です。
エレメントのすぐ脇を縫製しますと、スライダーが布地をかんだり、開閉が重くなる場合があります。
スライダーがスムーズに通ることができるよう両側にスペースを取ってください。

縫い付けの間隔

特に裏地がある場合は、布がかみやすくなりますので、エレメントから離して縫ってください。
※スライダーの通る幅は、サイズや表使い・裏使い等の条件により異なります。

■長い寸法のファスナー

長い寸法のファスナーは、着用時の伸び等を仮縫いでチェックしてから縫製してください。
特にニットなどは、このチェックが必要です。

■毛足の長い素材(毛皮、シャギーなど)の場合

ファスナーを縫い付ける両サイドにレザーなどを使い、開閉時に毛がかみ込まないような配慮が必要です。

■ズボンに縫い付ける場合
補助かがりを付けて、下止への負担を少なくしてください。
また短いファスナーや、体にフィットするスタイルは特に下止に負担がかかりますので補助かがりを付けてください。

ズボンに縫い付ける場合

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます