ABOUT PRODUCTS
商品の基礎知識・注意事項

コイルファスナー

コンシール®の上手な縫い方

コンシール®(止製品)の縫製方法

ファスナーの長さは、実際のあき寸法より30mm程長めのものを使用してください。

コンシール®(止製品)の縫製方法とコンシール®用ミシンガイド コンシール®(止製品)の縫製方法とコンシール®用ミシンガイド

遊環下止(2CH/3CHのみ)

遊環下止は、あき止まり表地部のほつれを防止するためにつけています。
縫製品あき止まり位置より5mm程度上に移動させ、治具で止めることによりスライダーの開閉による糸切れを防ぎます。

あき止まりが先に縫ってある場合

コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(1)
  1. 身頃A、Bを合わせあき止まり位置まで縫製。
  2. あき止まり位置では必ず返し縫いを行う。
  3. 身頃にあき止まり位置の目印をつける。
コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(1)
  1. ファスナーと身頃を合わせファスナーにあき止まり位置にあった場所に目印をつける。
コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(1)
  1. スライダーを下止まで下げ、身頃とファスナーの目印を合わせ確認しながら片側より縫う。
  2. コンシール®用ミシンガイドを使用しファスナーエレメントをおこしガイドの溝にエレメントを挿入して縫う。
コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(2)
  1. ファスナー付けはあき止まりまで縫う。
  2. ファスナー付けの両端は返し縫いする。

※あき止まりの縫い目とファスナー付け縫い目とは交差させない。スライダーの引手が通り抜けられる隙間があること。

コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(2)
  1. スライダーの引手を表に出しファスナーを閉じる。
コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(2)
  1. あき止まりから5mm程上に遊環下止を移動させ、治具で取付ける。
  2. 遊環下止であき止まりのほつれを防止する。

ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合

コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(1)
  1. 身頃にあき止まりの位置の目印をつける。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(1)
  1. ファスナーと身頃を合わせファスナーにあき止まり位置にあった場所に目印をつける。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(1)
  1. スライダーを下止まで下げ、身頃とファスナーの目印を合わせ確認しながら片側より縫う。
  2. コンシール®用ミシンガイドを使用しファスナーエレメントをおこしガイドの溝にエレメントを挿入し縫う。
  3. ファスナー付けの両端は返し縫いする。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(2)
  1. 左右の身頃のファスナー付けが終了後、スライダーの引手が表に出るようにファスナーを閉じる。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(2)
  1. あき止まりから下は、普通の片押えフットで左右の身頃を縫い合わせる。また両端は返し縫いをする。
  2. ファスナー付けの縫い目とあき止まりから下の縫い目が一直線上になるように縫う。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(2)
  1. あき止まりから5mm程上に遊環下止を移動させ、治具で取付ける。
  2. 遊環下止であき止まりのほつれを防止する。

あき止まりが先に縫ってある場合

コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(1)
  1. 身頃A、Bを合わせあき止まり位置まで縫製。
  2. あき止まり位置では必ず返し縫いを行う。
  3. 身頃にあき止まり位置の目印をつける。
コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(1)
  1. ファスナーと身頃を合わせファスナーにあき止まり位置にあった場所に目印をつける。
コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(1)
  1. スライダーを下止まで下げ、身頃とファスナーの目印を合わせ確認しながら片側より縫う。
  2. コンシール®用ミシンガイドを使用しファスナーエレメントをおこしガイドの溝にエレメントを挿入して縫う。
コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(2)
  1. ファスナー付けはあき止まりまで縫う。
  2. ファスナー付けの両端は返し縫いする。

※あき止まりの縫い目とファスナー付け縫い目とは交差させない。スライダーの引手が通り抜けられる隙間があること。

コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(2)
  1. スライダーの引手を表に出しファスナーを閉じる。
コンシール®(止製品)の縫製方法(あき止まりが先に縫ってある場合)(2)
  1. あき止まりから5mm程上に遊環下止を移動させ、治具で取付ける。
  2. 遊環下止であき止まりのほつれを防止する。

ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合

コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(1)
  1. 身頃にあき止まりの位置の目印をつける。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(1)
  1. ファスナーと身頃を合わせファスナーにあき止まり位置にあった場所に目印をつける。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(1)
  1. スライダーを下止まで下げ、身頃とファスナーの目印を合わせ確認しながら片側より縫う。
  2. コンシール®用ミシンガイドを使用しファスナーエレメントをおこしガイドの溝にエレメントを挿入し縫う。
  3. ファスナー付けの両端は返し縫いする。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(2)
  1. 左右の身頃のファスナー付けが終了後、スライダーの引手が表に出るようにファスナーを閉じる。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(2)
  1. あき止まりから下は、普通の片押えフットで左右の身頃を縫い合わせる。また両端は返し縫いをする。
  2. ファスナー付けの縫い目とあき止まりから下の縫い目が一直線上になるように縫う。
コンシール®(止製品)の縫製方法(ファスナー付け後にあき止まりを縫う場合)(2)
  1. あき止まりから5mm程上に遊環下止を移動させ、治具で取付ける。
  2. 遊環下止であき止まりのほつれを防止する。

コンシール®(止製品)の縫製時の注意とお願い

■ エレメントや縫い目が表地にでない コンシール®はスカートやワンピースによく使用されますが衣類の内側にあるエレメント下端で肌やインナーを傷つける恐れがあります。

ワンピースに使用されているコンシール®(止製品) ワンピースに使用されているコンシール®(止製品)

ワンピースを裏返しにした状態

コンシール®(止製品)のエレメント下端部 コンシール®(止製品)のエレメント下端部

エレメント下端部

肌への傷

インナーの毛羽立ち

対策

■遊環下止位置より下の縫い残し部分は裏地で包括するか当て布をしてください。

コンシール®(止製品)の縫い残し部分の縫い込み コンシール®(止製品)の縫い残し部分の縫い込み

縫い込み

コンシール®(止製品)の縫い残し部分の当て布 コンシール®(止製品)の縫い残し部分の当て布

当て布

コンシール®(開製品)の縫製方法

開具以外は、止製品と同様の縫製方法になります。縫製の際は、下記の点にご注意ください。

3CH

No.3コンシール®(開製品)の縫製方法

箱棒側

  • コンシール®用ミシンガイドを使用して、上止側から開部先端の約30mm手前までを際縫いします。
  • スライダーと箱を移動させ、再び際縫いを続けます。

No.3コンシール®(開製品)の縫製方法(箱棒側) No.3コンシール®(開製品)の縫製方法(箱棒側)

蝶棒側

  • コンシール®用ミシンガイドを使用して、上止側から開部先端の約15mm手前までを際縫いします。
  • 細幅用押え金に切り替えて、15mm以上手前からエレメントの2mm以上外側を縫製します。
No.3コンシール®(開製品)の縫製方法(蝶棒側)
No.3コンシール®(開製品)の縫製方法(蝶棒側)
No.3コンシール®(開製品)の縫製方法

3CH縫製の注意

縫いピッチ・返し縫い

縫いピッチは2.5mm、返し縫いは1回のみ行ってください。
ピッチが細かいとテープが裂けるおそれがあります。

No.3コンシール®(開製品)縫製の注意 No.3コンシール®(開製品)縫製の注意

際縫い

No.3コンシール®(開製品)縫製の注意 No.3コンシール®(開製品)縫製の注意

アイロン掛け

テープ折り返し部のエレメントとテープをアイロン掛けした場合、取付けた蝶棒部のテープ折り返し部の角度が変わり、挿入不良の原因となります。

No.3コンシール®(開製品)のアイロン掛け箇所 No.3コンシール®(開製品)のアイロン掛け箇所
oNo.3コンシール®(開製品)アイロン掛けで曲がった蝶棒 No.3コンシール®(開製品)アイロン掛けで曲がった蝶棒
No.3コンシール®(開製品)正常な蝶棒 No.3コンシール®(開製品)正常な蝶棒
No.3コンシール®(開製品)蝶棒挿入不良 No.3コンシール®(開製品)蝶棒挿入不良

5CH

箱棒側・蝶棒側

  • コンシール®用ミシンガイドを使用して、上止側から開部先端の約19〜20mm手前までを際縫いします。
No.5コンシール®(開製品)縫製方法(箱棒側・蝶棒側)(1) No.5コンシール®(開製品)縫製方法(箱棒側・蝶棒側)(1)
  • 細幅用押え金に切り替えて、20mm以上手前からエレメントの3〜5mmの位置で縫製します。
No.5コンシール®(開製品)縫製方法(箱棒側・蝶棒側)(2) No.5コンシール®(開製品)縫製方法(箱棒側・蝶棒側)(2)
No.5コンシール®(開製品)縫製方法 No.5コンシール®(開製品)縫製方法

5CH縫製の注意

左右両側ともにリブ部(青枠)を縫製してください。
箱の端面から3〜5mmの位置で縫製することを推奨します。リブ部より内側を縫製した場合、リブ部が折れる可能性がありますので、ご注意ください。

No.5コンシール®(開製品)縫製の注意 No.5コンシール®(開製品)縫製の注意
No.5コンシール®(開製品)縫製の注意 No.5コンシール®(開製品)縫製の注意

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます。