ABOUT PRODUCTS
商品の基礎知識・注意事項

コイルファスナー

PRIFA®縫製時の注意と
お願い

■縫製時に、スライダーのレールエッジがテープと干渉し、プリント部分の糸浮きや糸のズレが発生する恐れがあります。

PRIFA®プリント部分の糸浮き例

ファスナーを縫製する場合、途中でスライダーを移動する作業が必要です。縫い位置がエレメントに近過ぎるとスムーズなスライダー移動ができずスライダーのレールエッジがテープに強く干渉しプリント部の糸浮きや糸ズレの原因となります。

対策

①スムーズなスライダー移動ができる適正な縫い位置の選定を行ってください。

②スライダー移動する場合、ミシンフットを上げて行ってください。
・特に閉じる時にスライダーのレールエッジとの干渉が起きやすくなります。

PRIFA®縫製時の対策方法
PRIFA®縫製時の対策方法

注 意

スライダーを移動させる際、目打ち等の治具を使用されますと、塗装・メッキ剥げ及びバリ発生の原因となりますのでお止めください。

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます